行田市
ゴキブリ駆除
事例

行田市酒巻のゴキブリ駆除例

【行田市酒巻】
対応地域 行田市酒巻
ゴキブリの種類 ヤマトゴキブリ
駆除場所 ベッドルーム

積年のゴキブリ駆除の実績があるので解るのですが、食品を扱うお店とかのゴキブリ駆除は、ゴキブリの数や巣の状況において一般の住宅の駆除よりも困難なものになる可能性が高いです。となれば単発の施工のみで作業が終わらない可能性が高いため、食品を扱うお店などでのゴキブリ退治のケースでは、長い目を持った策略が重要になってきます。先日ご相談者様は行田市酒巻でステーキハウスを構えている男の人でした。2週間くらい前にシンク付近で4匹のゴキブリがいるのを従業員が発見して、ゴキブリが苦手なのにも関わらず自分で駆除を試みたそうです。しかし心底気持ち悪いと思っているゴキブリ相手にお客様の様な未経験者が退治するのは難しく、我社に相談をしたということでした。まずは、事前調査として目撃現場付近を中心に状況把握用のトラップを取り付けました。この調査でゴキブリの発生場所や密度を調査します。そこで得られた情報をもとに、はじめの作業時にベイト剤や乳剤を使用する場所を決めます。また、初回の施工は集中して数時間を必要とします。駆除日は依頼人と相談のうえ、営業日の休憩時間だけでは作業を完了させることが難しいため、お店の休みの日をあて、売上に関わらない日程で施工しました。初っ端は発生頻度の高い場所から特殊な薬剤をベイトガンという特殊な工具で施工していきました。水回りなども同じような処理をし、調査の結果判明していた侵入口も塞ぎ予防対策もきっちり行いました。そして間隔としては3ヶ月ほど開けて4回ほど施工をしました。2回目・3回目などの施工は1回目ほど時間がかからないため、徐々に休憩時間で駆除が行えるように調整していきました。最初のご依頼から1年という月日が経ちますが拍子抜けするくらいゴキブリが出なくなって施工主様も安堵されているようです。

ゴキブリ駆除から再発防止まで、お気軽にご相談ください。|03-6823-4389|1匹からでも駆除します!電話相談無料 24時間365日年中無休|最短対応時間30分|このボタンをタップして今すぐ無料相談!03-6823-4389